ピアノレッスンについて

レッスンの目標

レッスンの目標
  • 自分ひとりで楽譜を読んで弾けるようになること
  • 自分なりの表現を深めること

楽譜の読み方、演奏技術の基礎を身につけ、

曲を選ぶ→練習する→弾けるようになる

という一連の流れを、自分ひとりでできるようにしていきます。

同時に、楽譜に書かれている通りに弾くだけではなく、それをもとに自分なりの表現を深めていけるようにしていきます。

レッスンの特長

レッスンを受けるのは自分!

決められることはできるだけ自分で決めてもらっています。

レッスンの特長
  • やりたい曲を積極的に取り入れます
  • レッスン内容を相談して決めます

やりたい曲を積極的に取り入れます

レッスンの初期段階から、やりたい曲がある時には積極的に取り入れています。

その時の弾く力に応じて工夫して対応しています。

あくまでも”ピアノレッスン”のため、基礎をしっかりと身につけられるよう、テキストに沿って順に進めることを基本としています。

レッスン内容を相談して決めます

レッスンは私の「さあ、何をやる?」という問いかけから始まります。

みっちり曲を弾く、音楽記号を覚える、初見演奏をする・・

レッスンで何をするか、自分で考え、決めてもらっています。

内容に過不足があれば、こちらから提案します。

そして、必ず曲のレッスンをする時間を取っています。

主体的に音楽と関わるために

「音楽室ゆう」では、従来の「先生に言われたことをやる」というレッスンではなく、

あなたはどうしたい?、どうすればいいと思う?

といった問いかけをしながら、自分で考えて練習を進めていけるようサポートしていきます。

主体的に音楽と関わるために
  • レッスンしている曲について、よく考え、語ってもらう。
  • 語ってもらったことを否定しない。こちらの考えを押し付けない。

ブログ記事
⇩やりたいことを表明して、自分のペースで練習を進めている実際の様子をご覧ください。

音楽を表現することは「自己肯定感」を育むこと

音楽を表現することは、自己肯定感を育みます

それは、音楽には明確な正解がないからです。

同じ音楽を聴いても、いいと思う人もいればイヤだと思う人もいる。

そんなあいまいさを持ったものだからこそ、自分を信じて表現するしかありません

そうした経験の積み重ねが、自分を大事にし、肯定する気持ちにつながります。

レッスン全般での言葉の使い方も同様です。

「練習しないからダメ」
「このように弾けないようではダメ 」

そうした言葉がけは一切しないように、細心の注意を持って心がけています。

障がいのある子のピアノレッスン

「音楽室ゆう」では、障がいのある子のピアノレッスンを積極的にお受けしています。

障がいのある子は、定型発達の子が難なくこなすこと事柄が大変難しい、ということがあります。

そのため、進度はゆっくりになりがちですが、確実に前に進むことができています。

また、大変繊細で傷つきやすい子が多い印象で、コミュニケーションの難しさを感じることも多々ありますが、言葉の使い方、接し方に十分配慮してレッスンを行うよう心がけています。

本人の「ピアノを弾けるようになりたい」という気持ちは、障がいのあるなしは関係ありません。

その目標に向かって伴走するような気持ちで、日々レッスンを行っています。

診断名、現在の状況、具体的な得意不得意など、ご本人について詳しくお知らせください。また、状況によっては、音楽療法をお勧めする場合もあります。


お問い合わせ

ご質問等がありましたら、お問い合わせください。

⇩メールはこちらから

    ⇩LINEはこちらから

    友だち追加
    タイトルとURLをコピーしました